ありふれた世界に、
あふれる輝きを

コラム

出産のお祝いで頂いた嬉しかったもの

秋の風にたんぽぽ珈琲

2020.09.14

みなさん、こんにちは。
不定期連載でお届けする「私たちがお伝えするIt」ですが、お久しぶりの投稿となります。

不定期連載の記事を書いていると、
9月が終わろうとしているのに気づき「私が好きな秋が来た」と一人で、ぼそっと、つぶやいてしまいました。
昨日の夜も、外に出るとふわっと涼しい落ち着いた秋の風が吹いていたな…と思い出しました。

さて、前回は「体にやさしい健康茶」というオリジナル商品のダイエットに効果のローズヒップティーのご紹介をしましたが、
今回は私が好きな秋などの涼しい時期にしか獲れないと言われる「たんぽぽ珈琲」をお伝えします。

まずは「たんぽぽ珈琲」について私たちがご説明します。

たんぽぽ珈琲、たんぽぽ茶の誕生は諸説ありますが、
1830年代のニューヨークで、たんぽぽ珈琲の作り方の紹介の記事が掲載されたのが始まりと言われています。
欧州では薬用ハーブ、中国では漢方の材料などや本に綴られていたりと、昔から親しみある茶葉として知られていました。


画像:たんぽぽ

そしてなぜ、たんぽぽ茶ではなく「たんぽぽ珈琲」と言われるかというと…
たんぽぽ茶・たんぽぽ珈琲どちらも同じお茶なんですが、違いは使われている部分にあります。
たんぽぽ茶は根や葉、茎などが使われていて、たんぽぽ珈琲は根だけが使われていて飲み方も違います。

名前の通り見た目がコーヒーのようだから、とも言われていますが
コーヒーと言われる理由はたんぽぽ珈琲の作り方にあるのかもしれません。

1.たんぽぽの根を水洗いします
2.水に入れてあく抜きをしたものをフードプロセッサーで細かくする
3.天日干しにしてカラカラに乾燥させる
4.フライパンで焙煎する


焙煎された根はコーヒーのような独特の苦味があり、コーヒーと同じようにドリップするか煮だして飲みます。
たんぽぽの根で作った「たんぽぽ茶」はたんぽぽをそのまま使用しているので、自然なお茶だと言えます。

そのまま利用した自然のたんぽぽ茶にはたくさんの栄養素が入っています。
クロロゲン化合物(酸味や渋みの元でポリフェノールの一種)
イヌリン(ごぼう、ニラ、にんにくなどに含まれる成分)
タラキサシン(苦みを感じる成分)
コリン(卵やレバー、牛乳や豆にも含まれている成分)
カリウム
ミネラル(カルシウムや鉄分)
ビタミンAビタミンK
などの成分が含まれており、食物繊維も少ないですが含まれています。



画像:たんぽぽの根


そして主な効果は、
<利尿効果>
タンポポの根には、水分代謝を活発にしてくれる「イソクエルシトリン」という成分が含まれています。
このイソクエルシトリンによる利尿作用で溜まった老廃物や余分な水分を追い出してくれるので、むくみの予防・改善の効果が期待できます。また、むくみだけでなく、腎臓の負担を減らして腎臓機能の改善もしてくれます。

<母乳の質が高くなる効果>
たんぽぽ茶に含まれているタラキサシンは肝臓の働きをよくしてくれます。
肝臓は、エストロゲンという女性ホルモンの過剰な分泌を抑える働きがあり、ホルモンバランスを整える役割も担っています。
さらに、エストロゲンは美肌効果や髪の毛につやを与えるなど、女性に嬉しい効果もあります。
また、たんぽぽ茶は身体の冷えをまもり温まる効果があります。その他はエストロゲンの分泌を抑制することと、母乳を出す
ホルモンであるプロラクチンを正常に動かすことができるので、この2つから母乳が出やすくなると言われています。
妊婦さんに限らず、生理不順や生理前後に無性にイライラしてしまう人、産後のホルモンバランスを整えたい人、
妊活中の人なども効果があると言われています。


「体にやさしい健康茶シリーズ」のたんぽぽ珈琲はノンカフェインです。
また「MOM’s BLEND TEAシリーズ」と同様に無香料、無着色で女性だけでなく、
小さなお子様など誰にでもお飲みいただけます。もちろん、女性に嬉しいノンカロリーです。

体にやさしい健康茶
シリーズ商品一覧
※商品名をクリックすると商品ページへ移動します。

ローズヒップティー:新陳代謝を活性にし、シミ・ニキビなどの改善にも
プーアル茶:ダイエットを効果的にサポート
たんぽぽ珈琲:ノンカフェインで安心なお茶
なたまめ茶:むくみ予防と血行促進効果
黒まめ茶:カルシウムの吸収を助ける



画像:たんぽぽ珈琲


実際に飲んでみると…
本当にアメリカンコーヒーのような見た目で、苦味掛かった香ばしい香りがします。
味わいは独特な苦味がありますがコーヒーより飲みやすく、びっくりするくらい癖がありません。
土っぽさがあるのかなと思いましたが全くなく、濃いめでも美味しいと思いました。

また、甘さがほしい方は砂糖ではなく黒糖を入れるとコクも出て美味しいですよ。

といことで、今回も女性の悩みを解決してくれる「it」をに日常に取り入れていただければと思います。

今回は「たんぽぽ珈琲」についてお伝えしました。

これからも、みなさんの暮らしの中にささやかに寄り添う「it」をプラスし続けていきます。
次回の更新をお楽しみに。

コラム 一覧へ